脱アトピー物語

脱アトピーを目指して格闘中!

アトピー治療にステロイド剤が使われるけど、そもそもステロイド剤ってなに?

こんにちは

 

脱保湿剤、脱ステロイド実践中のアキです。

 

今日のテーマはこちら!

アトピー治療にステロイド剤が使われるけど、そもそもステロイド剤ってなに?

 皮膚科にいくと必ず出されるのが

ステロイド剤です。

f:id:doraemom-mobita-b:20170409214537j:plain

実は日本皮膚科学科のガイドラインにも

アトピーには対処療法が原則と書かれていて、

アトピーの完治には向かっていません。

 

それではステロイド剤って?

ステロイド剤って副腎で作られる

ステロイドホルモンを人工的につくったものです。

本来であれば

カラダのあらゆる炎症は

副腎で作られる

天然のステロイドホルモンで治します。

 

しかし、胃腸や肝臓の調子がよくないとき

副腎も不調になり、

ステロイドホルモンが十分に

出せなくなることがあります。

そうすると炎症が抑えきれなくなり、

アトピーがひどくなってきます。

そのストロイドホルモンの不足分を

補充するために人工的なステロイド

つまりステロイド剤が使われるのです。

 

ステロイド剤は短期的な使用を

目的として作られた薬で

長期的な使用には適していません。

ステロイドの正しい使い方を知っていれば

短期的な使用で炎症を抑えられます。

正しい使い方はこち

 

atopilife.hatenablog.com

 

ステロイド剤に依存するとアトピーは治りにくくなる

先ほどもいった通りステロイド

アトピーを治す薬ではなく、

炎症を抑える薬です。

ステロイドアトピーの排出作用である

「炎症」を抑え込みます。

しかし、炎症を抑え込むということは、

「排泄」の邪魔をしています。

くわしくはこち

 

atopilife.hatenablog.com

 

アトピーは、

いらないものを出し切るための

排泄の役割を担っています。

しかしステロ イドは炎症を抑え込むことで、

出そうとしたものをさらに体内に押し戻してしまいます。

 

アトピーの炎症(排出)

     ↓

ステロイドで鎮静(老廃物を押し戻す)

     ↓

また炎症を起こす(排 出)

 

と延々に繰り返してしまいます。

つまり、ステロイドに依存している限り、

アトピーが治らないという悪循環が続いていきます。

アトピーを完治していくためには

ステロイドしていかないといけません。

 

まとめ

ステロイド剤はアトピーを治す薬ではなく

カラダの不具合によって生じた炎症を

抑えるための薬です。

しかも、一時的だけです。

 

根本対策としてはカラダのなかの毒素を

しっかりとデトックスすることが大切です。

 

毒素をだして、炎症を抑えていきましょう!