脱アトピー物語

脱アトピーを目指して格闘中!

痒い時には肝臓をいたわって!肝機能を高める食べ物ベスト3

「ここ最近アトピーのかゆみがひどい!」

アトピーの湿疹がひどい!」

「痒くてたまらない!」

 

 

一時的にアトピーの湿疹に効果のある方法を紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あなたはこう思っていませんか?

アトピーがひどくなったときには

 

  • 病院に行けば治る
  • ストレス発散すれば治る
  • 食生活をしっかりすれば治る
  • 睡眠時間を確保すれば治る
  • 強いステロイド剤を使えば治る

 

もちろんこの中には正解ももちろんあります。

しかし、アトピーのかゆみの原因がわかっていないと

これからもかゆみ襲われた時にあなたは悩み続けるでしょう。

そうならないための方法をお話ししますので、

この手紙を最後まで読み進めてください。

 

こんにちは!

ステロイド実践中のアキです。

 

今日のテーマはこちら!

痒い時には肝臓をいたわって!肝機能を高める食べ物ベスト3

ここ最近付き合いもあり、飲み会が続きました。

お酒が入ってしまうと

どうして飲みすぎ、食べ過ぎになってしまいます。

私のよくない癖です。

 

その結果、かゆみがぶり返して

今身体中に湿疹ができてます。

 

だからこの文章を書いてます。

 

そもそも肌のかゆみの原因は?

そもそもなぜ肌がかゆくなるのか?

その原因は肝臓です。

f:id:doraemom-mobita-b:20170516173217j:plain

あなたもアトピー

アレルギー物質による免疫異常が原因

というのは知ってると思います。

 

まずはかゆみが発生するまでの流れを確認してください。

 

免疫異常→胃腸の働きの低下→食べ物をうまく消化できなくなる→未消化物質が血液に流れ出す→肝臓で処理→肝臓が疲弊→対処が追い付かなくなる→血液が汚染され皮膚から排泄作用を試みる→かゆみが生じアトピーの症状がでる

 

確認していただきましたか?

 

免疫異常は体質によるものと

免疫力によるものなので改善には時間がかかります。

 

しかし、短期的にかゆみを改善するには

肝臓の疲弊を改善すればかゆみを止めることができます。

 

肝臓の疲弊を改善するには?

もちろん肝臓を疲れさせることをやめるのがまず先です。

  • お酒の飲みすぎをやめる
  • 食べ過ぎをやめる

肝臓といったら最初に思い浮かぶのがお酒ですよね?

アルコールの分解は肝臓に大きな負担を与えます。

飲酒自体アトピーがひどい時には控えた方がいいです。

 

また、肝臓は炭水化物・脂質・タンパク質を分解する場所です。

炭水化物・脂質・タンパク質の取りすぎは

肝臓を疲れさせる原因になります。

 

添加物などの人工的なものの分解も肝臓で行っています。

お菓子や菓子パンなどといった

ほぼ添加物の塊も控えた方がいいでしょう。

 

肝臓を疲れさせる行動を改善した後は

肝臓に良いものを食べましょう!

 

肝臓に良いとされる栄養素の一例です。

では具体的に何を食べたらいいの?

肝機能を高める食べ物ベスト3

ブロッコリーはスルフォラファンを多く含んでいます。

ブロッコリー以外にもアブラナ科の野菜であれば芽キャベツなど

も効果があります。

玉ねぎは肝臓の解毒を助けるアリシンが含まれています。

玉ねぎのほかにもニンニクもアリシンが含まれています。

リンゴはフラボノイド効果やペクチン効果により

肝臓の炎症を防いでくれます。

 

まとめ

ここまで肝臓の機能を高める方法を書いてきました。

肝機能を高める食べ物ベスト3を紹介しましたが

もちろんバランスよく栄養を摂取することが大事です。

偏った食べ方をするのはやめましょう!

 

読んでいただきありがとうございました。