読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自律神経のバランス取り戻して、アトピー改善!

こんにちは!

 

ステロイド実践中のアキです!

 

今日はアトピー改善の取り組みの一つ温冷浴を紹介します。

 

温冷浴とは?

f:id:doraemom-mobita-b:20170404213314j:plain

温冷浴とは冷たい水とお湯を交互に浴びる入浴法です。

 

この入浴方法は自律神経に作用して、体の酸性とアルカリ性のバランスを保ってくれる効果があります。

体に不快な症状があったり、病気があったりすると酸性かアルカリ性どちらかに傾いています。その傾きを治す必要があります。

温冷浴は偏っている体の酸とアルカリをリセットして中和する方法です。

 

 

やり方は、温浴(40℃~42℃)と水浴(15℃~20℃)を一分間5~7回繰り返すだけです。

 

温浴をすると、体が温まり副交感神経が働きます。このとき体はアルカリ性に傾きます。

反対に水浴すると、その冷たさが交換神経を刺激し体は酸性になります。

酸性とアルカリ性を一分おきに切り替えることによって次第にバランスを取り戻していくというものです。

 

やるときには必ず水浴ではじめ、水浴で終わらせてくださいそして食後一時間以上たっていればいつども問題はありません。

 

しかし、一般家庭に浴槽が二つ以上ある家はほどんどないでしょう。もちろん私の家にもありません。(むしろ浴槽すら使ってない)

 

水浴はシャワーで代用しましょう。いきなり頭から水をかぶるのは抵抗がかなりあると思いますので、末端の方から(足先や腕先)冷やしていき体を徐々に冷やしていきましょう。特に冬場のシャワーはかなり冷たいので、温度を調整しながらやるのがいいでしょう。

 

私は普段家でシャワーを浴びるときには浴槽に入らないので、水を浴びて、お湯を浴びての繰り返しです。

 

この温冷浴の方法、あっためて、ひやしての繰り返しどこかで経験したことありませんか?

 

そうサウナです。

f:id:doraemom-mobita-b:20170402231033j:plain

サウナは温冷浴の一種なんです。

 

私も温泉や銭湯に行ったときには必ずサウナをやるようにしてます。

 

温冷浴は自律神経のバランスを整えることが目的ですが、自律神経を整えるといいことがほかにもあります。

 

まず、プラス思考になりやすい

f:id:doraemom-mobita-b:20170404213510j:plain

精神が安定してくるので、ストレス耐性がつきます。うつ病を改善する効果もあるくらいです。ストレスがたまりやすいという人にも温冷浴おすすめです。

 

また、風邪にかかりにくくなります

f:id:doraemom-mobita-b:20170404213939j:plain

体の血行がよくなるので、風邪などのちょっとした病気にかかりにくくなります。忙しく、風邪なんて引けないというビジネスマンにもおすすめです。

 

温冷浴は慣れてくらば、抵抗もなく水を浴びれるようになるのですが、初めのうちは抵抗があるかもしれません。(とくに冬場は寒いので)

 

しかし、温冷浴の効果を実感できるのは早くても2週間くらいかかります。(慣れてくるころのタイミング)

 

効果が現れるまではづづけましょう。効果が出始めれば、アトピー改善の効果があるし、プラス思考になるし、いいことづくしです。

 

いつやるの?

 

今でしょ!

 

それでは!