読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい薬の使い方しってる? ひどい炎症はFTUで!

こんにちは!

 

オーストラリアから帰ってきてからは、日とともに寝て、日とともに起きてます。

ステロイド実践中のアキです。

 

今日はステロイド剤の正しいつけ方についてです。

 

え?

 

ステロイド剤ってアトピーを治さないってこの間言ってたじゃん!?

 

確かに長期間かつ大量に使っているとステロイド剤に依存した生活になってしまいます。

 

しかし、あまりに悪化してかゆくて眠れなくなるぐらいのひどさであれば、いっそ使ってもいいんじゃないかなと思います。

実際私もアトピーがあまりに悪化した時はステロイド剤を使ってました。(今は全く使っていません)

 

使い方さえ間違えなければ、ステロイド剤はすごく役に立つ薬なのです。

(私は使い方を医者から正しく教えてもらっていなかったため、長期間使うことになってしまいました。)

 

ここで紹介したいのがFTUです。

 

FTUはほとんどのアトピーに関する資料や書籍に書いてあります。

 

その程度の知識すら24歳まで知りませんでした。(22年間も誤って薬を使ってました。独学って怖すぎる。)

 

FTUはFinger-Tip Unitの略で、塗り薬の塗る量の参考になるものです。

 

FTUは人差し指の第一関節分の薬(5g)を手のひら2枚分に塗りましょうって目安です。

f:id:doraemom-mobita-b:20170403081929j:plain

FTUで塗ると、皮膚にティッシュペーパーがぎりぎり張り付くくらいのベタベタになります。

 

f:id:doraemom-mobita-b:20170403172949j:plain

その塗り方を知らなかった人が正しい使い方で塗り薬をつかうと効果が遅くても一週間程度で現れます。効果が表れないようであれば薬の強さがあってないということです。

 

その場合は違う薬、もっと強い薬をもらいに行きましょう。

 

炎症を抑えた後は、肌の保湿をするだけもしくは肌の状態をみて薬をやめてもいいでしょう。

 

ちなみに私はいま保湿だけしている状態です。ステロイドはここ一カ月使っていません。

 

今のところ大きいリバウンドはなく(ときどき部分部分小さい炎症は現れますが、プロトピックで代用)、ステロイド剤を使わなくても過ごせています。

 

つまり、ステロイド剤は一時的に炎症を抑える為に使う薬だということです。

 

医者によっては長期的にダラダラと処方し続ける人もいますが、そういうところには行かないようにしましょう。

 

ステロイドは本来そうゆうように使う薬ではないですし、長期間使い続けるとアトピーから抜け出せなくなってしまいます。かつ、医者の都合のいいように餌食にされているだけです。

 

アトピーを治すには医者に頼りぱっなしではなく、自分で考えて自分で行動しなければなりません。

 

なぜなら本当にアトピーに詳しい医者、熟知している医者は日本にがまだほとんどいないからです。

 

自分で勉強して正しく薬をつかい、自分で自然治癒力を高め、自分で治していきましょう!

 

それでは!