読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱アトピー物語

脱アトピーを目指して格闘中!

一日三食っていつから始まったの? 仕掛人は?

「一日三食ってずっと昔からじゃないの?」

 

って思ったあなたエジソンの罠にはまってますよ。

 

こんにちは

アトピーに取り組んでいるアキです。

 今日のテーマはこちら

一日三食の歴史についてです。

f:id:doraemom-mobita-b:20170331174028p:plain

一日三食っていつ始まったと思いますか?

 

だれが一日三食の仕掛人でしょうか?

 

 

一日三食の歴史が始まったのは意外とつい最近です。

 

一日三食食べるようになったのは、

エジソンが一日三食のほうが健康にいいと

メディアの前で発表してからです。

f:id:doraemom-mobita-b:20170331174306j:plain

あの発明家のエジソンがなんで

そのような発表をしたのかというと、

トースターをその時に発明したからです。

 

1900年初頭、

アメリカでは一日二回の食事が一般的でした。

 

それではトースターを使う機会は

一日多くても二回。

 

「もっと売上増やしたいなー」と

考えたエジソンは考えました。

 

「単純に食事の回数が増えたら

トースターを使う頻度も増えて、

もっといっぱい売れるかも…」

 

そして、トースター発明の記者会見のときに

一日三食宣言をするわけです。

一日三食の方が健康にいいと...

 

それからアメリカでは一日三食が始まりました。

 

 

時と場所が変わり、

日本で欧米の文化が入り始めたころ

一日三食の文化があることを知ります。

 

一日三食のほうが健康にいいんだー!

 

その当時は右向け右の時代です。

何でもかんでも欧米のやり方を取り入れました。

 

一日三食がカラダによくないとはその当時は知らずに…

 

そして、2017年、、、

 

現代になっても一日三食が健康にいいと

思っている人はたくさんいます。

医者、メディアや学校の先生でさえも

口をそろえて言います。

 

「朝ご飯はちゃんと食べなさい、

一日三食食べた方が健康にいい」と

f:id:doraemom-mobita-b:20170331174745j:plain

 

というわけで、

一日三食が始まったのは1900年初頭から

一日三食の仕掛人は発明家エジソンでした!

 

それでは!