読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステロイド剤は自然治癒力を弱める!

こんにちは

 

ステロイド剤、3週間目のアキです!

 

今日はステロイドの恐ろしさについてです。

 

ステロイド剤の恐ろしさ

f:id:doraemom-mobita-b:20170330210319j:image

一般的にアトピーになって皮膚科に行くとステロイド剤が処方されます。

 

ステロイド剤を塗ると一時的に赤みやジクジクした炎症を消してくれることから多用されます。

 

最初はそれでいいと思うかもしれませんが、長期間使うと最終的にはステロイド剤が効かなくなってしまいます

そうなったら皮膚の状態は悪くなる一方です。

 

そもそもステロイド剤って?

そもそもステロイド剤とは、副腎皮質で作られるホルモンを人工的に合成したものです。

 

副腎皮質ホルモンは副腎という臓器で作られるもので、体の炎症を抑えてくれます。

 

本来であれば、皮膚に炎症が起こった時には、人間の自然治癒力によって副腎から、自然に副腎皮質ホルモンが生成されます。そして、皮膚の炎症を抑えてくれるのです。

 

しかし、副腎皮質ホルモンが十分に生成されなければ、炎症は治りません。

 

そこで、人工的なものを外部から補充するのです。

 

しかし、長時間しようしたり、大量に使用するとカラダのホルモンバランスが崩れます。

 

そして、カラダはホルモンの分泌量を減らし始め、皮膚の炎症が治りにくくなってしまいます。

 

そうなってしまっては、カラダ自身の力では炎症を抑えられなくなってしまい、ステロイド剤に頼る以外に方法がなくなってしまいます。

 f:id:doraemom-mobita-b:20170330210655j:image

ステロイド剤は長期間使うことで、人間が本来持っている自然治癒力を弱めてしまうのです。

 

ただ、ステロイド剤も正しく使えば一時的にはいいものです。

 

ステロイド剤を使うには知識のある医者の元で正しく使うことが必要です。

 

さもなければ、ただただ自分の首を締めるだけです。

 

私は26歳から使い始めたので、苦痛を伴う脱ステロイドのと戦いですが、もっと幼いうちからだったら、その苦痛は少なくて済んだでしょう。

 

いまからでも遅くはありません。

 

手遅れになる前に脱ステロイド、脱アトピーに取り組みましょう!